観光で撮りたいポーズ

観光ならではの写真撮影

観光地での写真撮影にも一工夫

観光に行った際、誰もが必ず1枚は記念に写真を撮るものです。しかし意識せず撮っていると、現像して出来上がったものを見てはじめて同じポーズばかり取っていることに気が付くという失敗をしてしまうことがあります。そんなことになってしまわないよう、撮るときに少し工夫を取り入れることが大切です。どのような工夫かといいますと、その観光地にちなんだポーズを取るように心掛けるのです。出かけた先が熊本ならばその土地の名前や有名なキャラクターにちなんで、頭の上にグーの形をとった両手をのせてクマの耳を表現するなどがおすすめです。有名な武士の出身地なら刀を振る武士の真似などです。このようにすることで、1枚1枚違う雰囲気の写真を撮ることが出来ます。

写真で綺麗に映るポーズ

観光の思い出といえば、なんといっても各地で撮る写真です。名所や、思い出の場所と共に、そこにいた確かな証拠を収めたいというのは、自然の欲求といえます。しかし、どうせなら、綺麗に映りたいものです。ポイントとしては、いくつかあります。まず、顔の輪郭を隠すために、顔の真横でピースサインを作るようにしましょう。ポーズにも気を使い、二重あごになり気味な、あおった構図は避けたいものです。ピントはあえて暗い場所に合わせて、人物をより際立たせるようにすれば、より印象的な1枚になります。これらのポイントを押さえ、素晴らしい観光の思い出を残しましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 観光では絶景を撮りたい All rights reserved